せき・まちかど工房ギャラリーとは

活動の歩み

 せき・まちかど工房は、関市中心市街地の活性化と賑わいを取り戻そうと、故野田 豪一氏(当時 関商工会議所副会頭)の呼び掛けに賛同した者たちが集まり、1年間の準備の末、1997年(平成9年)4月「ギャラリー ・ 文化サロン」などを備えた文化施設として設立されました。

 その後、関市のご理解と支援をいただき、設立当時より今日までの21年間、多くの皆さんに文化活動の場を提供して参りました。

運営団体

せき・まちかど工房を支援する会が運営しています。

役員名簿